読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法とはつまりJoy!

SMAPと私の話

SMAPを思うと泣いて、そしてたどり着く思考回路

SMAP好きになってから、いちいちなんか泣いてます。

 

昨日は「ザ テレビジョン」の元SMAP特集に愛があって泣いた。

スマステのプロデューサーの言葉が、香取くんの人柄を信頼してて、泣けた。

つよぽんも、ドラマスタッフに愛されてて、なんか楽しそうにやってて、嬉し泣き。

 

朝電車の中で歌を聴いたり、コラムを読んだりして、泣いてから会社いくこともしばしば。

 

あほみたいに泣いてます。

 

友達に「遅いしwwww」と突っ込まれて成立する私のこのSMAP愛。

 

いやしかしだね、

 

まっちゃんも言ってたんよ。

 

「おれもな、なんかこのこと考えると泣けてくるのよ」

 

8月の解散が決まったあとのワイドナショーだったとおもう。

 

SMAPSMAPを一番愛してて、解散したくなくて、解散しか方法がなくて、ファンを置き去りにした感が否めなくて、泣ける。

 

 

すごーい泣ける。

泣くんですけどね、わたし。でも前向きなんで、希望もたくさんあるんです。

 

結論はもう出てるので、前を歩かないと意味ないからね。

 

 

ちょっと時間に余裕ができて、テレビもしばらくでなくなったら、結婚するメンバーがでてくるかも。

そっち側の幸せ、手に入りやすくはなったよね。穏やかなしあわせ。

 

10年、15年経ったら、いつかまたSMAPは5人集まる日は来ると思う。

 

ジャニーズ事務所も世代交代する。そしたらたくさんのことが変わる。

変わらなかったら、落ちてゆくだけ。

 

今年、たとえキムタク以外が事務所を辞めても、絶対未来は明るいと思うんです。前向きに生きてくださりさえすれば、大丈夫。

一枚一枚の花びらが、思うがままに、輝くから。

 

復讐とか、もう一回スターになるとかは、

どーでもいいかな。

 

メリー氏については、妖怪のような、都市伝説のような、実際生きてるのかわからない存在ととってる。

そんなオバケのような奇妙な存在を憎む時間は、ないんだ。

 

5人が幸せならば、それがいちばんなのだ。

 

 

つまりは、単純にきみのこと、好きなのさ。