魔法とはつまりJoy!

私が語るSMAPの話

日経新聞の立川志らくさんのコラムが素晴らしい!

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGKKZO15999680S7A500C1NZ2P00

 

 

 

  ”私はテレビ、ツイッターなどで一貫してSMAP解散すべきではないと主張していた。それには理由がある。”

 

から始まるコラムである。

 

これは素晴らしい記事であった。

ブラボー!

ブラボーだよ志らくさん!!

 

SMAP解散騒動へのモヤっとしたものを、SMAPファンではない一般の人に向けて、言語化してくれた。

 

SMAPは国民的アイドルとして世間に広く認知されていたので、一般の人は、解散の理由や脈絡をなんとかして自分の中で把握したかった。

 

マスメディアはそこに載っかり、真実味の薄い、人目を集める記事が横行した。

それが2016年の8月から2017年の今もまだ続いている。

SMAPという単語は、ファンでなくても気になる人が多いようだ。

 

モヤモヤする記事が横行する中で、信じる人がバカなんだと思うも、心に隙間風が吹く。

 

そこに現れた志らく師匠のコラム。

 

スカッと部分引用します。

 

  ”解散理由としてあげられていた不仲説というのがあったがナンセンスも甚だしい。大の大人が25年も一緒に活動していたら仲が悪くなるのはむしろ当然だ。仲良しグループなんぞに良いパフォーマンスなんか出来るものか。芸とはそういうものなのだ。個性のぶつかり合いから良いものは産まれる。だから不仲なんかで解散するはずもない。”

 

 

 

そうそうそう!そーーう!!

 

普段ベタベタしていない彼らなのに、ライブとかスマスマなどで不意に見せる意思疎通がたまらんの。

 

いつも意見の食い違いない仲良しだなんて思ってない。

 

ぶつかっても相手をSMAPとして尊敬し、認めているのがわかるのがSMAP

 

仲悪い?木村と口聞くな?いうはずなーい!!そんなレベルではなーーーい!!

 

 

そして、志らくさんは続ける。

 

 

   ”無言のまま解散だなんてそれはおかしい、と当然なる。でもその怒りはSMAP本人に向けられることはない。何らかの事情で彼らは言えないのだ、となる。こんな悲しい解散ってあっていいのか? ”

 

 

解散の通知が、事務所からの、事務所の人が書いた、マスメディア関係各社宛のものだった、という事実を一言でいうならば、

志らく師匠の

 

”悲しい解散

 

なんだ。

 

悲しいよ。

 

みんなが悲しい。

SMAPがなくなるのが、悲しいよ。

SMAPを続けられないSMAPメンバーを思うと悲しいよ。

行かないでと泣くファンが悲しいよ。SMAPから直接解散の理由を聞いてない。

 

そう、信じてます。

いつか、理由を話してくれると。

私たちが好きな彼らは理由を言いたいはずだから。

 

受け止めたくないけど、解散は事実だ。

解散には理由はある。

それは、SMAPが、SMAPファンに語る言葉がない限り、SMAPファンは、認めないのは当たり前だ。

 

そして、最後の志らく師匠のコラムは、本当に泣けるほど気持ちを代弁してくださったので、引用ではなく、そのままの画像で記録させていただきます。

f:id:sumsum21:20170508001338p:image

 

 そして、このコラムが出た日は

2017年5月6日

語呂合わせの稲垣吾郎 ちゃんの日 だったのだ。

 

そんな深いようなふしぎな縁を感じるコラムなのだった。

 

 

わちゃスマについて。

SMAPの最大の魅力は、5つのバラバラの個性の中に、優等生がいないことではないだろうか。

全員が、学校でちゃんとテスト勉強したタイプではないであろう。

 

成績という言葉を意識しない。

だが決して真面目でないわけではない。

 

華麗、自由、不良、マイペース、そんな言葉が似合う。

 

愛すべきわちゃわちゃしているSMAP
スマヲタ用語でわちゃスマ。

これは、SMAPが、6人ないし5人全員揃った時に、やりたい放題やったり喋ったりしてわちゃわちゃーとなってしまう様子。

最終的に大爆笑がうまれることが多い。

 

ただ言いたいことを言う。

じゃたい人にじゃれる。

ボケたいだけボケる。

話したくないときは他メンバーに任せる。

 

なによりも、

 

失敗=すべること を恐れない。

 

なんでも笑うファンの存在は大きいが、SMAPはその存在に甘えなかった。笑いをお茶の間に届け続けた。ときには、加トちゃんケンちゃんのように。ときには、タモリさんのように。

 

 

そこにテレビを意識しない彼らがいる。

 

撮られ方や、受け取られ方をまるで気にしない。

カメラがあることに気負いがない。

 

他のどのアイドルも、タレントも、芸人さんも、その境地に至っていないように感じる。

 

10歳からテレビに映っていた香取くんがいたのが大きいようにおもう。密着取材のときに、彼は密着カメラを意識しないと言っていた。

 

カッコつけるのカッコ悪い、という昭和ヤンキー気質が土台にある中居くんがいたからだとおもう。

 

テンションがわかりやすく上がらないマイペースな吾郎ちゃんがいたからだとおもう。

 

普段は控えめだが、夢中になると前に出る勢いがはんぱない草彅くんがいたからだとおもう。

 

日本中からイケメンと言われ、他メンバーからもかっこいいと尊敬されていた木村くんに、当時時代を飾っていたチーマー気質があったからだとおもう。そして、イケメンな彼もまた、自ら笑いをとることを、求め続けた。

 

 

 

愛すべきわちゃスマ。


これが見れない日々がこれからもずっと続くのであろうか。。。

 

 

 

そんな悲しい気持ちに支配されていた中、

4/22 テレビ朝日  スマステーション

 

ゲスト中居正広

 

 

ぎゃああああああああぁぁぁぁ…

 

と悲鳴をあげたのは、その前週の予告。

慎吾ちゃんと中居くんが、生放送!!

 

それから嬉しい1週間が続きましたね。

毎日中居くんとキムタクがテレビに番宣で出るし、土曜日にはサタ★スマのふたりが見れる!

 

そしてついにきた4月22日

 

結果、宝物になる1時間となった。

 

久しぶりに慎吾ちゃんの、屈託のない笑顔が見れた。

中居くんが、終始笑顔で、「しんご、しんご」て「オレこいつのことはなんでも知ってるんですよ」って。

 

「お い しーー!」って。

 

司会進行を努めようと、中居くんを邪険にする苦笑いのしんごさん。それも2人の関係性ならでは!

VTR中ずっと慎吾ちゃんの方を見て喋ってる中居くんに「ちゃんとみろよ!」って。

 

あーたのしかったな。うれしかったな。

 

 

わちゃスマ健在。

 

わちゃスマ堪能。

 

 

これが、真の、しあわせ…

 

 

とか思ってしまう、私、なので、あった…

\(^o^)/

 

 

慎吾ちゃんが、中居くんの番組で、自由にわちゃーとやるとこみてみたい。

 

 

 

長くて濃いニュースな1週間

f:id:sumsum21:20170416235659j:image

”紅白におけるSMAPが発したことばと歌声は、イデオロギーを構築する過激な効果を運びこむ声として働くという点で、「意味の付加されていない玉音放送」にさえ喩えられるほどの重さを持つのではないだろうか?”

 

SMAPクロニクル』  より

作品社 篠原沙里さん  2016.12.10第1刷発行

 

む、むずい…

こちらは、2003年紅白で、SMAPが歌う前に、前代未聞の”問いかけ”をしたことについて解説されています。

 

学術的に斬り込んでいます。

 

淡々と、SMAPの成し遂げた社会的意味、比喩的にわかる功績を、論文のような切り口で解説されています。非常におもしろいです。時間かかります。

 

なによりも、筆者が非常に長く濃くファンだった様子が、よくわかりました。

 

 

わたしは、今日も、ライブに行きたいなぁと苦虫を噛み締めています。

一方、ライブに行っていないからこそ、平穏に、解散を受け入れられているのであろう。

 

解散、むしろそこから、SMAPを愛する自分を実感しております。

 

 

日々スマオタ師たちの、いろんなものを読んでおり、知る気持ちが多いです。

 

 

 

 

解散は伏字にするべ!!

 

 

 

だけどスマオタさんにもひとりひとりの花が咲いていて、真実はSMAP以外知らないので、考え方はちょっとづつ違う。

 

 

慎吾ちゃんが、スマステで、文春を全否定して「困ってます!」と言った。

 

 

それですごく嬉しくなってたスマオタさんが多いとおもいます。

 

 

 

私はなんだか寂しかった。

 

子供いて欲しかった。

 

20年の純愛の中、子供もいて、大切にしていて欲しかった。

 

ファンの気持ちを思っての言葉ならば、慎吾ちゃんが、間違えたとおもう。

 

全部正直に発言していると思えるのがSMAPのいいところ。

 

友達の子供なら、それならそれでいいのですが、なんかもやんとしております。

 

 

 

来週は、スマステで、中居くんがゲストだ。

 

叫んだよね。叫んで、「おおおおぉぉぉぉ」ってついったよね、

本当に、楽しみである。

 

慎吾ちゃん、また気持ちがスター☆に戻ったように感じました。目の輝き。

年始とかはちょっと、、、やばいかな、って正直思ってましたごめん。太ったし。

 

中居くんがゲストって発表する前に、「10分早まります」って、口閉じて目だけ笑って何か企むようなあの表情、SMAPでいるときの慎吾ちゃんだ!

 

スマステでは、進行という役に責任があるので、SMAPでいるときみたいな自由な慎吾ちゃんではない、慎吾さんだとおもいますが、中居くんとどう絡むかが、非常に楽しみですね!

 

もう本当にありがとうございます!!!

テレ朝ブラボー!!!

行くから!テレ朝時間あったら行くからーー!!

 

 

そんで、中居くんがアメトーークにもでる。

はぁ。中居くんがアクセル全開。

まるで、SMAPを回収しようもしているよう。

 

SMAPがまた揃うときのために、スターでい続けるという、中居くんの決意とうけとりましたから!

私はそうおもうから!

 

 

 

スマオタさんたち、本当に性格が大人だから、だれもこのことは書かないけど、

 

メリーさんだけが足枷ならば、

正直…あまり…問題とか…ないよね…あの…その…人間の寿命の話…(´ω`)

 

 

早くSMAPに会いたい、死にそう、SMAP不足、って、よく聞こえますが、16年は我慢する覚悟!!

(ユニコーンイエモンが16年だったから!)

(16年後は105歳!)

 

 

 

で、さんタク。

 

あんま面白くなかったなー

すごいたのしみだったなー

 

キムタクがが、髪が長い方がかっこいーってーのはーあります。

 

あれ、道重と三井生命だけが美味しかったんじゃないか?

 

さんまは、50過ぎてコンパで現役感出すおっさん、としか。

 

ただ、ただ、木村さん、何も語らないのが、素敵だと思いました。

 

語る必要は、もう何もないです。

 

 

言わないのが、SMAP

 

スマスマ最終回で、予定調和で、終わらないのがSMAP

 

紅白3回辞退したのがSMAP

 

 

ええねん。さんちゃんは、一般人だから、聞くねん。言いたがるねん。

 

 

でも、SMAPは一生なんにも言わなくていいねん。

 

 

解散した理由なんて、いい。

 

 

5人がみんな、SMAPを愛していたことだけが、事実やねん!!

 

 

 

みなみーーー!!!

 

せなーー!!!!

 

 

 

 

 

ロンバケみよっか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が泣くのはね

今日もなんか会社帰りに「SMAPクロニクル」という年代記を読みながら泣いたなぁ。

 

そんで自転車に乗りながら私は何故泣くのだろうかと考えてみた。

 

まずおもったこと。SMAPを愛した慎吾くんが可哀想で泣いているんだな。

「僕が一番SMAPを好き」と言っていた。

芸能活動の中で一番好きなのは「ライブで歌ってる時」と言っていた。

 

 

そうゆう、慎吾くんの大好きなものは、取り上げられてしまった。

 

その、大好きなものを失うという決断を、慎吾くん自身がしたという現実に彼が一番傷ついて、ビールを飲んでいるのを想像してしまう。

 

 

もちろん、SMAPのその他のメンバーに対しても同じように感じますが、中居くん、木村くん、ごろーちゃん、草彅くんは、SMAPじゃない自分で、前へ進もうとする気がするの。

しんごちゃんだけ、不器用なんじゃないかな。。って。おもう。

 

 

ただの私の感覚なんだけど。

 

 

あと泣けるのは、SMAPをひたすらにただひたすらに応援しているスマオタさんたちに泣けてきます。

 

ずっとSMAPを愛し、支えられて、支えてきた。

彼女たちは、いろんな形で、耐えている。

 

毎週月曜には、SMAP×SMAPの動画を流し、皆で笑い合う。

 メンバーの誕生日には、新聞にお祝いのコメントを載せる。

 

再結成を信じ、解散を受け入れない。

 

変わらぬ愛で、日々過ごしている。

健気にSMAPに関わる全てを愛でている。

 

 

 

手を離さないでね、とSMAPに訴えたけれど、叶わなかった。

 

 

ファンの皆さんが可哀想で涙が出てくるんです。

 

SMAPを好きになって、SMAPには、ちゃんとしたリテラシーのある大人のファンがいっぱいいることを知った。

 

 

 

そんなファンを喜ばせてあげてよ。ねぇ、SMAP

 

 

まわりがいろいろ言いたがるのは!

SMAPが好き、と言うとまず解散した理由を聞かれる。→私が知っている限りを話す。だってみんな仲悪いのが理由だと思ってるんだもん。ネットニュース丸呑みか!

 

そのあと、まだ興味ある人は、話は続く。

 

キムタクと中居くん以外、大丈夫?

 

ときかれる。

 

まずね。2〜3年、いや5〜6年はゆっくりさせてあげようよ。

のんびり時間にとらわれず過ごすよ。

ま、ぶっちゃけ一生生きて行けるお金はもうあるはず。

好きなことすればよい。

 

それで潰れてしまったり、荒れてしまったり、格好悪くなったら、そこまでなんだ。

 

それはだれのせいでもない。

 

仕事がなくなるのはメリー氏のせいだとしても、潰れてはいけない。

 

スマオタは待ってるよ。10年も20年も。

 

だから、釣りとかしてほしい。

 

うん。奥田民生ユニコーン解散したときみたいにね(╹◡╹)

 

 

あ、そうそう!

 

SMAP大丈夫?とか、って周りがいろいろ言いたがるのは、

 

国民的アイドルの証しやなー

 

っておもって。

だってどーでもいいじゃん?本来。

モー娘。とか大好きだったけど、私の好きだった時代の子らが卒業してから、その子達を大丈夫?とか思わなかったよな。

 

大丈夫?って外野に言われるSMAPは、すごいぞ☆

 

中居くんと木村くんは、ずっと最前線で、いてほしいのも確か。

休まないでね。笑

 

 

 

SMAPは再結成する!

あー泣いた。

今日も泣いたよ。

酔っ払ってSMAPの動画を観て寝るのが最近の日曜日の夜だ。

 

一回泣きながら寝て起きてしまったので、なんか書く。

 

今日泣いたのは、久しぶりに中居くんの12/31のラジオを聴いたから。

 

「誰も悪くない」

 

怒涛の2016年を少し懐かしむように、そして、SMAPのみんなを庇うように、ゆっくり話して、ファンへの感謝を語る。

 

感動的な解散ライブはいらなかった。

解散記者会見もいらない。

SMAPには、そんな予定調和な普通の終わり方似合わない。

 

最後はラジオで静かに1人づつ終わって、中居くんがゆっくり幕を降ろした。

 

こんな終わり?!って思ったけど、

今はそれがSMAPだなとおもう。

 

5人は、言葉で、完結させない。

 

代わりに、ファンや沢山の評論家やライターさんがSMAPを語る。誰も忘れない。

 

もしかしたらあと10年くらい新しいSMAP本が出続けるのではなかろうかと思うくらい、語っても語っても余りある。

 

SMAP、まだまだ再結成しなくていいよ。

 

今は休んでゆっくりして欲しい。

 

家族や彼女といい時間を過ごしたりして欲しい。

 

慎吾ちゃん、いっぱい好きなもの食べてビール飲んで太っちゃって〜!

 

怖くないんだな。

 

 

多分ね、5年か10年か15年かそれ以上でもいい。

再結成する!ってなんか思うから。

 

当時大好きだったユニコーンイエモンも16年で再結成したからかなー。再結成したニュース読んだときは発狂したよ!

 

 

5人がわちゃわちゃ喋って、「やっぱSMAPいいね〜〜」って心の底から再び言う日が来るって思ってます。

 

だから今すぐなんて言わない。焦らない!

 

 

中居くんが、ウェンツに「再結成するかもとか思いながら解散なんてするな」って怒ったみたいだけど、これが、壮大な中居くんの”仕掛け”

だったら嬉しいな。

 

 

”やっぱSMAPがいーんです、解散やめた!”

って言うのもある意味SMAPらしいしね。

 

 

 

何が言いたいのかと言うと、

 

解散してからの5人がみんなSMAP大好きなんだなってちょくちょく伝わるから、希望が湧いてるんだ。

 

スマステーション発のスマタイという新聞で、慎吾ちゃんがSMAPとも読める絵を描いたり、中居くんが、ちょくちょくSMAPネタをバラエティで散りばめたり、キムタクがラジオでオレンジかけたり、吾郎ちゃんのラジオでしんつよのことを話したり。

 

寂しさが襲ってきていないのは、唯一つよぽんだけのような気がするが。笑

 

深く考えなくてよく笑うつよぽん

今あなたの存在がすごく大事におもう。

 

 

私はそんなことばかり考えて、明日は会議にでるのだーー寝る!

冷静と情熱のSMAP論

SMAPとはなんだったのか

https://otocoto.jp/interview/smap-taidan7/

 

SMAPメンバー出演の映画の撮影現場で密着取材し、SMAPのオフィシャルコラム『Map of Smap』でライターを務めた相田冬二さん、

カルチャーとしてのSMAP特集をいち早く組んで話題を呼んだ雑誌『Invitation』の元編集長・小林淳一さん

 

による対談です。

 

スマスマ最終回と、SMAP一人一人に焦点をあて語る6回の対談に続く最終回としてSMAP自体を語ったものです。

 

対談の言葉一つ一つにSMAPへの賞賛と、愛があり、それを上回る冷静なSMAP分析。こーゆーの、大好物です。

 

 

とにかく男性でSMAPを好きな人が好き。

それはアイドルだから好きという概念はそこにはなくて、SMAPをひとつの人格として、個性として愛している。

 

女性、とかく私なんかは、異性のタレントに特別な愛を感じるときは、そこに癒しを求め、仮想恋愛を感じ、ライブ映像でキュン死する。

 

 勿論冷静にSMAPを語りたい、だけど 結局キュンキュンする方に流れてしまう。だってかっこいいんだもん。

 

で、SMAPを冷静に総括して、私たちの心の穴を埋めてくれるのは男性のSMAPファンなんだな。

 

お二人の対談の中に、たくさんハットしたり、オススメなフレーズがあるのだけど、とりいそぎ、こちらをご紹介します。

 

f:id:sumsum21:20170325120935p:image

 

 ” SMAPという人格が(社会に向けて)発していたのは、「欲張らないで、自分なりの裁量にあったやり方で、日々をそれなりに豊かに生きればいい」ということだったと思う。それは、ささやかなことかもしれないけど、でも尊いことなのだということを、SMAPは伝えてきたと思うんですよ。僕らはそんなSMAPを愛した。”